Gutenbergを無効にする

いきさつ

WordPress環境を新しくしてみたら、WordPress5.X から投稿エディタが "Gutenberg" なるものが標準になっていた。
基本的にテキストエディタでしか記事を書かない私にとってこのアップデートは大きなお世話そのもの。

"Gutenberg" を普通に使っているとテキストの体裁(スペースやタブ)が崩れてヘイトが溜まっていった。 従来のエディタを使いたいと思い調べてみると、どうやらプラグインを使った方法が一番無難ではないかという結論に至った。

WordPress5.X から標準エディタになってしまっているので、"functions.php" から無効化するのは無理がある??

プラグインを使った無効化

"Classic Editor" というプラグインがあるのでこれをインストールして有効化すると、"Gutenberg" よりも先に適用されるっぽい。
やり方は非常に簡単。

  1. [ダッシュボード] の [プラグイン] に移動して [新規追加] を選択。
  2. 右上にある検索ボックスに "Classic Editor" と入力して、それっぽいやつ(英語)を選択。
  3. インストールする。
  4. [ダッシュボード] の [プラグイン] に移動して "Classic Editor" を有効にする。

参考Webページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする